新築関連

意外!電気代が安い⁉新築戸建と賃貸マンションの電気代比較。

一軒家って電気代がかかるイメージです。

今までずっと賃貸に住んでいて、戸建に入居してからの電気代に怯えておりました…

ついに出た、7月の電気代を公開します!!意外な結果が…⁉

7月の戸建の電気代

我が家は、以前は3LDKの賃貸マンションに住んでいました。60㎡前後です。

エアコンの数は、リビングと夫の寝室の2つ。

和室(母子寝室)はリビング隣接だったので、リビングのエアコンで乗り切れました。

家庭保育の為、ほぼ24時間エアコンをつけていました。私が結構気温の許容範囲が狭いので、雨で気温が低いような日でも除湿機能を使ったりして、常に稼働させていました。

その時の電気代がコチラ!!

33坪新築_電気代7月

去年が9,593円!

一昨年が8,423円!!

一般的に安いのか高いのか…わかりませんが。

我が家の春秋の安い月は6000~7000円です。

真夏や真冬はちょっと気をつけていないと、1万円こえそうになります(汗)

これと言って特別電気がかかるようなものは持ってないと思います。

 

そして、現在の新居の電気代を発表します…

 

電気代どーん!!

33坪新築_電気代7月

7,078円!

 

これは意外!!

絶対以前の電気代よりも高くなっていると思っていたのに、何故か安い(笑)

 

でも、ホント、何で!???

新居は、

エアコン2台増設したよ?

洗濯機も乾燥機つかってるよ?

 

食洗器毎日使ってるよ?

食洗器なんてつけてもらったはいいものの、「どうせ電気代高いんでしょ…」と諦めて、でも使わないと勿体ないと思って、入居後すぐから毎日使っているんですがね。あ、もちろん「節電モード」でね。

そんなに電気代かからないなら、もっと使っちゃうよ???なんて(笑)

現在、ケチって1日1回しか使っていません。

戸建の方が安い理由

消費電力の増減の検証はできないのですが、考えられる事は以下です。

照明がほとんどLEDに!

備え付けのダウンライトを始め、多分、現在、全照明がLEDです。前住んでいた賃貸では、全然気にしていませんでしたが、ちょいちょい電球が切れると取り替えておりましたから、多分全部LEDじゃなかったと思います。

このLEDって、消費電力は蛍光灯の1/2以下なんですね!

https://service.miyajidenki.com/env/3-1_tyokkan.html

これは電気代にかなり影響でていそうですね…

家電を買い換えたから?

リビング用のエアコンを新調しました。(元リビングエアコンは夫の寝室用に…)20畳用の大きなタイプのを購入しましたが、流石に風圧が凄いので、電気代も高いに違いない!と覚悟していました。

でも、結果的に、以前よりも電気代が安い事から、節電タイプのエアコンなのかな~と。

他、毎日使うものでいうと、炊飯器、洗濯機、掃除機も新築に合わせて買い換えました。

最近の家電は総じて省エネだのエコだのって、節電タイプですよね。

使用頻度的には変わらないのに、というか生活スペースが広くなった分、普通は電気代が増えそうなところ、その逆である事は、やはりこれらエアコンを始めとしたNEW家電の面々のお陰なのかな⁉と。

まとめ

なんとなくですが、戸建に引越したら、1.5~1.8倍は電気代アップするものを思っていました(汗)

戸建の方が安いぐらい…!!!という結果になり驚いています。

でも同時に「もっと食洗器使おう!」「もっと乾燥機使おう!」と、もう少し便利な暮らしをエンジョイする事が許されるって事ですよね??(笑)と嬉しいです。

まだ全月分の電気代を見ていないので、脱節電生活は出揃ってからにしたいですが、とりあえず安心して戸建の新居で暮らしていけそうで何よりです。

 

以上、戸建における7月の電気代について、賃貸マンションと比較した結果についてでした♪

  • この記事を書いた人

みみみ

首都圏在住の主婦です。 2020年春に33坪の戸建を新築しました。 家づくりの記録、そして今の生活について書いています。 アンティーク風味な内装を目指しています!

-新築関連

© 2021 33坪の新築ローコスト注文住宅〜2020年マイホーム新築体験記〜