インテリア・家電 生活・子育て

屋上プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

子供のプール遊び、日差しが辛い!何か良い日除けはない?

お答えします。

10.5畳のスカイバルコニーがある我が家。もちろん新築時は何も日除けがなく、夏は日差しが強すぎて大変でしたが、パラソルを設置する事で解消しました。

真夏の子供のプール遊びがより快適に!

日除けにお勧めの「ハンギングパラソル」について、デメリットも含めご紹介します。

プロフィール

スカイバルコニーでプール遊びする!

我が家には庭もありますが、住宅地という事で、庭でプール遊びをするには隣家に気を遣ってしまいます。

スカイバルコニーであれば、壁を高くする事で子供の声が軽減でき、隣家から覗かれることもないので安心して遊ばせることが可能です。

 

プール遊びができるスカイバルコニーを検討するにあたってのポイントは以下です。

  • 隣家から覗かれないような立地(近くにマンションなどがある場合は注意)
  • 子供の転落防止・目隠しになる壁の高さの確保
  • 真夏の床の熱さ軽減の為のウッドデッキ等の設置
  • 照明の設置
  • 水栓・コンセントの設置
  • 日差し対策

 

我が家は立地的に古い住宅街で、周辺に3階以上の建物がたまたまありません。

また、マンションなど高いビルも近くにはありませんが、目隠しと騒音防止の為に、壁を高めにしてもらいました。

照明・水栓・コンセントも設置済み、問題は「日差し対策をしていない」というだけでした。

みみみ
でも、これが結構、重大でした…

 

日除けなしではとてもじゃないですが、プール遊びはできません。

新築1年目は、シェード付のビニールプールを購入する事で、なんとか凌ぐことができました。

みみみ
日差しがあるのとないのでは雲泥の差が!

 

ただ、プールに入っている子供達はよくても、親が暑い!!

みみみ
日差しに耐えられず、仕方がなく一緒にプールに浸かって監視していました…

 

スカイバルコニーの日差し、舐めてはなりません。

「来年までに、何かしら屋根を付けてよう…」と心に誓って夏が終わりました。

 

スカイバルコニーにパラソル設置

屋根の追加工事なども考えましたが、「新築2年目で改築…しかもプール遊びの為だけに?」と踏み切れない部分があり、一時的な日除けでやり過ごす事に。

ココに注意

屋根を作るとそのバルコニー部分が床面積に含まれてしまう為、固定資産税アップになる可能性があります。詳しくはお住いの自治体へ!

 

改修工事以外の方法としては以下があります。

  • シェード・タープ(防水の1枚布)を張る
  • パラソルを立てる

シェード・タープ(防水の1枚布)を張る

布1枚で日陰を作る方法です。

シェードやタープは、壁から壁(もしくは床)に布を張る形です。自分で外壁に穴を開けて、引っ掛け金具などを設置する必要があります。

みみみ
強風などを考えると、素人作業では少々心配な作業ですね…

シェード・タープ自体は安価ですし、設置も簡単そうに見えるのですが、実際の取り付ける方法を考えると意外と難易度が高いです。

ココがポイント

新築時にシェードを取り付けたい旨を申し出ておくと、設置個所を作ってもらえます。

パラソルを立てる

ビーチや屋外カフェの定番!日除けと言ったら直ぐに思い浮かびますよね。

パラソル自体も安価(1万未満の物も多数あり)で、手に入れやすいです。

ただ、これも実際設置となると、足場の問題(庭なら土に刺せるが屋上だとそれが出来ない)、サイズの問題などがあります。

それにプール用となると、中心部に支柱がある一般的なパラソルでは、日陰を十分に作ることが難しいです。

みみみ
支柱とプールが干渉して、プールの半分は日差しが当たってしまいます…

このように支柱が端にあるタイプの「ハンギングパラソル」が良いですね。

みみみ
3万円以上するものが多く、ちょっと手を出しにくい所はありますが。

 

ハンギングパラソルの口コミ

ハンギングパラソルの利用者の声を集めてみました。

素敵な形のパラソルなので、お庭にあるだけで映えますね。

みみみ
プール遊び以外でも、お庭や屋上で過ごす時間が楽しくなりそうです!

 

1万円台のハンギングパラソルの購入レビュー

支柱が横にある「ハンギングパラソル」、我が家は1万円台のものを購入してみたのでレビューします。

開封

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

パラソルと、一緒に購入した別売りのベース(重り)です。

どちらも結構な重さで3階相当の屋上に運び入れるのがなかなか大変でした。

みみみ
女性だとかなり厳しいと思います!

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

箱から出した所です。

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

別売りのベースは色々な種類の物がありますが、一番重く安定感がありそうな60Lのベースにしました。

重りといっても、最後に水をいれるタイプのものです。

運び入れや収納の事などを考えると、タンク型は便利ですね。

また、四方を囲めるベースなので、分割の重りよりも安定感があります。

ココに注意

ホースがないと注入に時間がかかります。

組み立てる

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

十字に土台を組み立て、ベースの穴に支柱を通します。

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

支柱の筒に、パラソルの軸を指して、固定します。

びっくりするほど、細かい部品はないので、組み立て自体はとても簡単です。

パラソルを開く

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

パラソルの軸に、開閉の為のハンドルがあります。

これをくるくると回す事で、パラソルが開く形です。

みみみ
ハンドル自体は滑らかで女性でも無理なく開閉できます。

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

パラソルの軸をゆっくりスライドさせながら、起こしていきます。

首振りはできません。設置角度は予め決めて開きましょう。

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

開閉ハンドルをぐるぐる回して、パラソルが全開になりました。

本当に傘のような構造になっていますね。

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

我が家のスカイバルコニーは横幅は3mなのですが、結構な存在感です。

パラソル部分はぶらぶらと動きます。風を逃がす為にあえて固定されていません。

みみみ
強風だと、かなりパラソル部分が風に煽られてゆれるので怖いです!風がある時は潔く閉じておいた方がよさそうですね。

 

パラソルを閉じる

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

開閉ハンドルをぐるぐる回すと、こんな形に閉じられます。

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

パラソルを束ねて留める為のひもがついており、マジックテープで閉じられます。

別売りでカバーがあるので、少しでも長持ちさせたければ掛けておいた方がいいですね。

 

プール遊びに使ってみた

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

こちらのビニールプールのサイズは、160×160cmほどです。

このプールを使った様子は、以下の記事でご紹介しています。

33坪戸建間取り図屋上_スカイバルコニー
参考屋上のある家。費用は?用途は?正しいスカイバルコニーの使い方。

みみみえ、そんな理由…?超住宅街だけど?(汗)   気持ちはわからなくはなくて、軽く「いいね!」くらいに、その ...

続きを見る

プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!

こんな感じで、夏の日差しを遮ってくれています。

みみみ
しっかり日陰ができます!

プールに付属のシェードだと低すぎて立つ事ができませんが、パラソルであれば自由に動けて、子供も大人もとても快適です!

ココに注意

使用時間帯によって傘の位置を変える必要がありますね。例えば夕方近くだと西日を遮るような角度で設置しないと、プールの中に陽が入ります。

 

1万円台のハンギングパラソルのデメリット

今回、「まぁ安いからしょうがないか…」と思った、1万円台のハンギングパラソルのデメリットは以下です。

  • 高さの調節ができない
  • 首振りができない(設置時の固位置のみ)
  • 支柱が細めで少々不安
  • 留め具など部品の一部が樹脂であり強度が心配
  • コンパクトに折りたためない為、収納場所に困る

 

実際、Amazonなどの口コミもあまりいいとは言えません。

やはり強度に不安があると感じている人が多そうですね。

みみみ
私は、風が出てきたら即パラソル閉じる、を徹底して使用するつもりです(汗)

ひと夏持ってくれれば十分…と、我が家はその安さに納得して使用する事にしました。

 

長く使いたい・使い勝手を重視したい、という事であれば、やはり3万以上の高額なハンギングパラソルを購入した方が良いでしょう。

高額なハンギングパラソルを選ぶべきポイントは以下です。

  • 角度や高さの調整が可能
  • 支柱が太めで頑丈
  • LEDライトがついている商品もある
  • 換気可能な二層パラソルの場合もある
  • 高さが調整できるため、収納時もコンパクトに

 

ココに注意

3万円以上の高額商品であれば必ず搭載の機能というわけではありませんが、安価商品にはない機能が多々あります。

 

まとめ:日差し対策をしてプール遊びを楽しもう!

小さな子供は特に、強い紫外線に当て続けるのは心配ですよね。

日焼け止めとラッシュガードの羽織だけでは防げないものなので、しっかり対策したいですね。

みみみ
もちろん監視役のママも欲しいですよね!日焼け防止に日陰が!

 

スカイバルコニー(屋上)の場合、日差しだけでなく、床の熱対策も必須です。

我が家はウッドパネルを自分たちで敷きました。それについては以下の記事にてご紹介しています。

屋上(スカイバルコニー)にウッドパネルをDIYで敷く。
参考屋上(スカイバルコニー)にウッドパネルをDIYで敷く。

みみみ色がイメージと違い、ちょっと失敗してしまいましたが…(汗)   ウッドパネルを敷く前 我が家のスカイバル ...

続きを見る

 

子供達の快適なプール遊びの為に、あれこれやってみませんか?

以上、プールに日除けのパラソルを!ハンギングパラソルのデメリットなど購入レビュー!についてでした。どなたかのお役に立てましたら幸いです。

  • この記事を書いた人

みみみ

首都圏在住の主婦です。 2020年に33坪のローコスト住宅を新築しました。新築体験談、節約DIY、おすすめインテリア家具家電のレビューなどを発信中です。 【Pinterest】月間表示回数100万突破。

よく読まれています

新築時買ってよかったもの 1

みみみ入居した時の感動も段違い!   我が家は元々使っていたお気に入りがあり、新築時に買ったわけではないのです ...

カップボード(食器棚)をLepre LEDスリップライト(LEDテープ)でライトアップする方法。 2

みみみ折角の飾りも、なんだか寂しい印象に…。     ということで、照明をつけることにしました。 & ...

家の駐車場で副収入 3

みみみほんの数時間でも貸せて、収入が得られるなんて、有難いですね!   貸出実績例(月間) 【例】とある個人宅 ...

-インテリア・家電, 生活・子育て
-

© 2021 33坪の新築ローコスト注文住宅〜2020年マイホーム新築体験記〜