インテリア・家電

分別ゴミ箱(ペールカウンター)比較!アイリスオーヤマとニトリどっちがいい?

ニトリとアイリスオーヤマのペールカウンターが似ててどちらにしようか迷ってます。

そのお悩みを解消させましょう!

お手頃価格なのにしっかり3分別できて便利そう、その上ゴミ箱に見えず、内装の雰囲気を損ねないデザインが魅力的ですよね!

検討中のあなたは、節約志向ながらもインテリアにとても拘りがある方なのでしょう!

このペールカウンター、アイリスオーヤマ製とニトリ製が酷似してて、選べませんよね…

みみみ
パッと見ほぼ同じ…。何が違うのかわかりませんよね(汗)

迷って迷って比較検討の末、アイリスオーヤマのペールカウンターを購入した私が、写真タップリで詳しくご紹介します。

 

この記事を書いた人

30代2児の母。2020年に33坪の戸建を新築。パントリーに置く分別用ゴミ箱としてPKT-8670を購入しました。

このブログ記事で得られる事

  • PKT-8670の組み立て中の様子がわかる
  • ペールカウンターの購入メリットデメリットがわかる
  • アイリスオーヤマ製とニトリ製の違いがわかる

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

アイリスオーヤマVSニトリ 比較!

我が家の幅74cm×奥行45cmのパントリーに収まる分別ごみ箱を探したところ、以下の2つのペールカウンターがヒットしました。

共に、横幅70.5cm×奥行35.5cmというほぼほぼ同じサイズ感です。

まずこちらが、アイリスオーヤマ製です。

ペールカウンター PKT-8670

 

そして、こちらがニトリ製。

3杯の分別ペールカウンター(ロモ WH 3B)

みみみ
かなり似ていますよね!?

それでは、アイリスオーヤマ製とニトリ製を比較してみましょう!

比較項目アイリスオーヤマニトリ
本体サイズ幅70.5cm×奥行35.5cm×高さ81.6cm幅70.5×奥行35.5×高さ85cm
ペールサイズ15L18L
組み立て時間目安表記なし90分
カラーオフホワイト・ナチュラル・ウォールナットホワイト、ダークブラウン、ライトブラウン
付属品なしキャスター付き

 

ニトリ製の方が、

高さが4.6cmほど高いですね…

それに伴い、ペールも3L分ほど大きいようです。

 

尚、アイリスオーヤマ製は組み立てに、2~3時間かかりました。

ニトリ製は組み立て時間目安は90分と書いてありましたが、通販サイトのレビューなどを見ると、実際は2~3時間はかかるようで、そこも似ています。

 

ニトリはキャスター付きのよう。

(アイリスオーヤマ製はキャスターは別売りです。)

 

カラーも、ホワイト、ダークブラウン、ライトブラウンの3色展開。

ただ、ニトリのホワイトは、普通の白のようです。

一方、アイリスオーヤマのホワイトは、白い木目(ホワイトオーク)です。

実際見てみたわけではないですが、一般的には、ホワイトの化粧板(カラーボックスで使われているような加工された板)は安っぽいので、もしかしたら、ニトリのホワイトの方が安っぽさが目立つかもしれません。

木目の方が、若干オシャレで高そうに見える⁉(好みにも寄ると思いますが。)

我が家のゴミ箱事情

ではここで突然ですが、今回ペールカウンター購入に至った、我が家のゴミ事情をご紹介しますね。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

新築の我が家の可燃ゴミは、このようにペニンシュラキッチンの側面収納にある、ゴミ箱に捨てています。

ペール(ゴミ箱)が2つあるので、生ゴミと、その他可燃ごみとで別けています。

 

分別ゴミは、キッチンの奥にあるパントリーに。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

今まで、前の賃貸で使用していた、無印のゴミ箱(お気に入り)を使用していましたが、置き場所に困り、買い替える事にしました。

パントリーの横幅が78cmなのですが、それに合うゴミ箱を探して見つけたのが、このアイリスオーヤマとニトリのペールカウンターです。

ペールカウンターの口コミ

口コミや、組み立て後のお写真のご紹介です。

ニトリのペールカウンターの口コミ

アイリスオーヤマのペールカウンターの口コミ

ニトリもアイリスオーヤマも、組み立ての厄介さを覗けば、高評価が多いですね。

PKT-8670本体について

上でも書きました通り、アイリスオーヤマも、ニトリも、購入者本人で組み立てる必要があります。

通販サイトのレビュー等を見てみると…

  • 「難しい!」
  • 「組み立てるのに3時間もかかった!」

と、結構ブーイングが目立ちました。

それでも、出来上がりと安さで納得している人が多数!

 

尚、他社からも似たような形のペールカウンターを販売していますが…

一回り小さい幅59cmのペールカウンターですが、以下。

完成品という事で、組み立て不要、楽チンですが…2分別で、

お値段、約2倍。

幅80cm以下で、3分別のが欲しいとなると、やっぱり、アイリスオーヤマかニトリの2択になりますね!

1万前後で買えるなんて、お得!

みみみ
組み立ては厄介ですが、圧倒的に安いですもん…!

組み立ての難しさを除けば、出来上がりとコスパの良さに納得し、我が家も組み立てを覚悟して購入しました。

PKT-8670を組み立ててみた!

我が家が購入したアイリスオーヤマのPKT-8670本体を、組み立ててみた様子をご紹介します。

本体サイズは、横幅70.5cm、奥行35.5cm、高さ81.6cm。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

荷物は2つに分かれて届きました。

1つはペール3つ(蓋なしのゴミ箱)、もう1つがカウンターのパーツです。

カウンター部品の方の荷物はとても重いです…。29.9kgあるみたいですね(汗)

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

ペールサイズは、横19cm×奥行19.5cm×高さ43.2cm、容量は15Lです。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

板、板、板…!

本体は、本当に全部バラバラです…。パーツは結構な量ありますね。

1から組み立てる形です。これは見るからに大変そう!!

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

せっせと、各パーツを組み合わせていきます。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

ビスも沢山で、細かくて複雑ではありますが、夫曰く「部分毎にビスの形が違うから、間違える事はない。」との事でした。

「異なるビスを入れようとしても、形が合わず入らないから、間違いに気づけるだろう。」と。

その辺りは、違えて組み立てないようにと、安心設計になってるようですね。

みみみ
初心者でも安心!(時間かかる事は覚悟しないといけませんが…)

 

そして、

組み立て開始から30分…

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

これらのパーツの組み立てが終わりました。

 

え、これだけ・・・???

 

結構、時間かかりましたね(;´∀`)

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

夫、特別手先が不器用な人ではありませんが、パーツを探しつつ、手動でビスを回して組み立てるとなると、それなりに時間もかかり、大変みたいです。

まだまだ沢山のパーツが…

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

どんどん組み立てていきます…

段々、手が痛くなってきたとの事。電動ドライバーがあれば多少楽かな…なんて。

 

 

そして、ついに…

 

 

完成!

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

完成までにかかった時間は、なんと…

 

 

2時間半!!

 

 

ノンストップで、スムーズに進んだ印象ですが、それでも2時間半…

途中で立ち止まったり迷ったりしたら、3時間くらいかかるでしょうね。

 

レビューで購入者たちが、組み立てに時間がかかる!と、ブーブー言ってたのは、本当でした(汗)

 

組み立てるのが苦手な方、また各パーツが重いので女性の方は、覚悟して購入した方がいいかと思います。

パパっとは組み立てられなさそうですね…。

カラーボックスが複雑になったような感じ。

物は悪くないですし、コスパは凄くイイのですが。

難しいわけではないのですが、パーツが細かくて多いので、とにかく、どうしても時間はかかってしまう、といった感じです。

パントリーに入れてみる

我が家のパントリーの可動棚はこんな感じです。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

そして、ペールカウンターを入れてみる!

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

横幅はまぁまぁピッタリ、奥行きは余裕があったので、可動棚の前方に合わせました。

なかなか良い感じです!!

ちなみに、左から、瓶、缶、ペットボトルと分別する事にしました。

あまりゴミが出ない、不燃物や使用済み電池は小袋に入れて、上部の引き出しに入れる事に。

右上の引き出しには、ゴミ袋を収納しました。

最初、ゴミ箱に引き出しなんて要らないと思っていましたが、やっぱりあった方が便利。

 

可動棚の棚をカウンターの天板ギリギリまで詰めるか…その辺りの調整は今後していきたいです。

(そもそもパントリー収納についての検討がまだで。徐々に片付けていきたいです…汗)

色味について

こちらのペールカウンターは、オフホワイト、ナチュラル、ウォールナットの3色展開です。

今回我が家が購入したものは、オフホワイトです。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

左が、普通の発泡スチロール、右がカウンターの板の表面です。

こうして比べてみると、真っ白ではない事がわかります。

 

カラー表記は、オフホワイトという事ですが、黄色味が強めの印象の白の木目調ですね。

よく言えば温かみのある白、薄いベージュともいえますが、それよりもアイボリーホワイトと言った方が良さそうな色ですね。

最近はインテリアに拘る人も多いですし、色味については、詳しい説明と画像が欲しいところですね。

木目じゃない、完全な真っ白が欲しかった人からすると、ガッカリな色味かもしれません(汗)

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

 

我が家の建具はリクシルなのですが、ラシッサSのクリエホワイトに近いですね。よく似ています。(クリエホワイトも薄ページュっぽいです。)

木目ホワイトですね。

 

内装やキッチンをホワイトで統一されている方は、注意が必要かと思います。

質感についても、ツルツルな鏡面仕上げではなく、艶なしマットな材質と肌触りです。

 

私はレビューを見たところ、「ホワイトではない」という書き込みに気づいて、それを承知で購入しました。

キッチンはカームオーク(マットな茶色木目)ですが、パントリーは稼働棚はオフホワイトなので、それに合わせたつもりです。

真っ白なホワイトに拘る方はお気をつけ下さい!

開閉音の対策

ゴミ箱部分の蓋を閉める際に、バタンと音がするのが少々気になりました。

特にクッション材もついてないですし、音に対する対策は何もなされていないように見受けられます。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

という事で、我が家は、クッション材をつけてみました。

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

アイリスオーヤマ ゴミ箱ペールカウンターPKT-8670

100均で売っているソフトクションを使用しました。

これで、衝撃による、バタン!という音が多少は軽減。

ペールカウンターのデメリット

カウンター本体の大きさのわりに、ペールが小さ目で、ゴミの容量が少ない事です。

上の方がちょっと空いてて、正直、勿体ない気もします。

一般のご家庭の場合、メインの可燃ごみなどだと恐らく不足感ありますね。

缶、瓶、ペットボトルなどの分別ゴミ専用として使うのが最適です。

後は、やはり、蓋が手動での開閉になる事ですかね。ペダルタイプ希望の方には適しません。

また、上でも挙げました通り、蓋を占める際の音が少々気になります。

ペールカウンターのメリット

まず、デザインがシンプルで無難!おしゃれ…とは言い難いですが、色々手を加える余地があるのでリメイクなどでも化けそうですね。

そして、やっぱり、ゴミを散らかることなく、分別でき、しかも、その中身が見えないというのがいいですね。

ゴミ袋の端っこがチラチラ見えないのもいい!

キッチンの雰囲気を壊しません。

あと、足で踏んで蓋を開けるタイプのペールカウンターの場合、ゴミ箱上部に蓋の分のスペースが必要になるので無駄を感じますが、これは上下左右キッチリとスペースに収まる形なので、無駄なく綺麗ですね!見た目がスッキリするというのがメリットです。

ペールカウンターのまとめ

という事で、アイリスオーヤマ製とニトリ製を比較、また、ペールカウンターの魅力などご紹介しました。

 

みみみ
我が家は、見た目重視でホワイトオークが欲しかったので、アイリスオーヤマ製にしました!

 

尚、購入にあたっては、特段安い通販サイトはなく、楽天の各店舗、amazonも、価格に大きな違いはありません。

アイリスオーヤマ製の方は楽天・amazon共に送料無料、ニトリは楽天のみ(公式ショップ1店のみでの取り扱いです。送料+550円です。)

公式オンラインショップでも購入可能ですが、ポイント還元率が一番おいしい、楽天市場で購入しました!

 

アイリスオーヤマか、ニトリか、でいうと、選ぶポイントとしては、

 

少しでもコンパクトに、そして色味はホワイトオークがいいわ!という人はアイリスオーヤマを!

少しでも大きめがよくて、キャスターもついてると便利だわ!色も真っ白がいい!という方はニトリを!

 

それぞれ選ぶといいと思います。

それが結論です。

 

という事で、我が家は、無事、パントリーにペールカウンターを収める事ができました。

使い勝手がよく、見た目もシンプル!ゴミ箱に見えないデザインがお気に入りです。

 

以上、分別ゴミ箱(ペールカウンター)比較!アイリスオーヤマとニトリどっちがいい?商品比較でした♪どなたかの参考になりましたら幸いです。

  • この記事を書いた人

みみみ

首都圏在住の主婦です。 2020年春に33坪の戸建を新築しました。 家づくりの記録、そして今の生活について書いています。 アンティーク風味な内装を目指しています!

-インテリア・家電
-, ,

© 2021 33坪の新築ローコスト注文住宅〜2020年マイホーム新築体験記〜