インテリア・家電

新築にグリーンを!低予算で揃えられるグリーンのご紹介。

ローコスト住宅ながら、シックモダンな家を目指している我が家。あれこれ、インテリアに拘りたいと思いつつも、実際はそんなにぽんぽんと新しい家具や雑貨を買い揃えるのが難しいのが現実です…

都度気に入ったアイテムを買って、徐々にオシャレにしていきたいと思っています。

私が、「とりあえず!」で買った最低限度のグリーンをご紹介します!低価格ながら、これだけでとりあえず華やかになったと思います。

安心のフェイクグリーン

我が家は元々、ストレリチア・レギネを育てていました。トロピカルな花が咲く人気の観葉植物です。長年共に生きてきましたが、手入れが下手で常に元気がありませんでした。

どんな植物もやはり手入れなしでは美しい状態をキープできないんですよね…

我が家は、生の植木はこのストレリチア・レギネ一つで精一杯、これ以上は植木を増やせない…という事で、インテリアとしてのグリーンはフェイクグリーンを置くことに。

所謂、「造花」ってやつですが…

置くだけで華やかになるどころか、逆に貧乏ったらしくなる可能性大のヤツですね…

しかし!

そんな造花も進化していて、最近は凄いんです。

フェイクグリーンの魅力

手入れ不要で常に美しい最高の状態を楽しめるのが最大の魅力かと思いますが、観賞用としてだけでなく、なんと消臭機能があるアーティフィシャルグリーンが人気です。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

CT触媒加工が施されており、抗菌・防汚・消臭と、置いておくだけで嬉しくなるグリーンもあります。

見た目も一昔前の造花感はなく、かなり本物に近い質感、色味になってきている気がしますね。また、マイナーな観葉植物もよく見かけるようになり、選択の幅もかなり広がったものと思います。

CT触媒とは?

生体必須のミネラルに含まれる元素から厳選したミネラル複合体のこと。人やペットに無害の、非常に安全性の高い物質です。

太陽光や蛍光灯などの光エネルギーがなくても、室温や大気温で酸化と還元を繰り返し、自然にやさしい化学反応によって、悪臭成分や細菌を分解します。活性酸素の発生もありません。抗菌・防汚・消臭に効果があるのはその為です。

また、マイナスイオン作用により、空気を綺麗にしてくれます。半永久的に効果は持続します。

取扱の注意点

素材は主にポリエステルや塩化ビニールのため、火やスポットライトなど高温になる物の近くには置けません。火災や変形の恐れがあります。
葉や花びらの表面にホコリがたまりすぎるとCT触媒が空気に触れにくくなる為、多少定期的な手入れが必要です。
CT触媒のコーティング加工により、葉や花びらの表面に白色の粒子が見られる場合があるとの事。
屋外使用はできません。また屋内であっても直射日光の当たる場所も避ける必要があります。紫外線は退色・変色の原因になります。

埃さえ注意すれば、直射日光があたらない場所なら置きっぱなしにしておいて良さそうですね。

私が購入したグリーン!

観葉植物に関して何も知識がない私です。試しに色々手に取ってみたくて、以下の通り、人気のグリーンをいくつか購入してみました。

それぞれ、適当に場所に配置してみました♪

グリーンを置いただけでちょっとオシャレに明るくなったかもしれません!

ハンギングジャータイプ

ワイヤープランツやグリーンネックレスみたいな葉が小さく細かく、弦の長い観葉植物です。ガラスポットに入っている、天井や壁からつるすタイプのものです。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

ちょっと照明がない所に吊るしてしまいましたが…

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

丈が長いので小さくても存在感バッチリ。何もない寂しい部分にグリーンを持ってくるだけで、なんだかおしゃれに。

卓上フェイクグリーン

木製風フレームから飛び出したフェイクグリーンです。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

アップにしても、本物みたいな精巧さで、フェイクグリーンには見えませんよね。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

壁に掛けたりもできますが、ペニンシュラキッチンみたいに余白の多い広すぎるキッチンなら、ちょっと置くだけでも優しい雰囲気がプラスできます。鉢植えじゃなく、このフレーム入りは、手頃なお値段の割にボリュームたっぷりで高級感あっていいですね。目立つ場所に置きたいものです。

鉢植え(シュガーバイン)

定番の弦植物、シュガーバインの鉢植えです。花言葉は「すこやか」です。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

白いインテリアとの相性がいいです。可愛い葉っぱは主張しすぎない爽やかさなので、置く場所を選びません。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

トイレの窓際に置いてみました!小ぶりなので置き場所を選びません。手軽にポンと♪

鉢植え(ラベンダー)

こちらもお馴染みのラベンダーの鉢植え。花言葉は「沈黙」「疑惑」。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

お花はちょっと派手過ぎるから控えたいけど、ちょっと色味が欲しいなという時に、この落ち着いた紫色が上品でいい感じです。

33坪新築_アーティフィシャルグリーン

玄関すぐ横の土間収納の小窓に置いてみました。さり気ない感じが良いです♪

我が家、土間にはワンコのペットトイレを置いているので、消臭効果にも期待しています。

もちろん、ラベンダーといったら寝室でもいいですよね!

まとめ

という事で、我が家のグリーンたちをご紹介しました。

総額…

7,738円(税込)で、

室内に緑のオアシスを設置する事ができました。

高い?安い?

そんなに買い替えるものでもないですしね…。本物の植物と比べればやはり世話の手間賃を含めても、全然安いと思います。

うちはあと脱衣所にももう1つ欲しいな…。もっと大振りのものも買ってみたいですね。それから、玄関には季節に応じたリースなども飾りたいです。(風水的に玄関には造花はあまりよくないようですが、私は気にしないタイプなので是非飾りたいです。)

 

新居に入居時はインテリアの一部として、アーティフィシャルグリーンを追加してはいかがでしょうか?

以上、アーティフィシャルグリーン(フェイクグリーン)のご紹介でした♪

  • この記事を書いた人

みみみ

首都圏在住の主婦です。 2020年春に33坪の戸建を新築しました。 家づくりの記録、そして今の生活について書いています。 アンティーク風味な内装を目指しています!

-インテリア・家電

© 2021 33坪の新築ローコスト注文住宅〜2020年マイホーム新築体験記〜