新築関連

ローコスト住宅とは?坪単価とは?安く家を建てる為に必須な基礎知識。

「ローコスト住宅」って何?いくらだとローコストなの?

お答えします!

ローコスト住宅を建てる上での基礎知識をご紹介します。

安い家にはワケがある!よく理解した上で選択しなくてはならないがローコスト住宅です。

この記事から得られる事

  • 「ローコスト住宅」が何かわかる
  • 「ローコスト住宅」のメリットがわかる
  • 「ローコスト住宅」を選択するにあたり覚悟すべき点がわかる

「ローコスト住宅」とは?

無駄なコストを削ぎ落した、比較的安い価格で建てられる住宅の事を指します。

一般的な注文住宅よりは、住設のランクが低めだったり、設計においても制限があり自由度は落ちるという難点はあるものの、それを除けば、リーズナブルな価格で、ある程度、理想に近い住宅を建てる事ができるのが魅力です。

ローコスト住宅の金額は?

ローコスト注文住宅の場合、本体価格の目安としては35坪以下で1000万台、またはそれ以下、と言われる事が多いですが、実は特に価格には基準があるわけではありません。

ローコスト住宅は何故安いの?

ローコスト住宅は、同じ資材を大量に仕入れたり、ある程度似た規格の住宅をプラン化する事により、各社、コストを抑えることで実現しています。

また、大手ハウスメーカーのようにCMなど大規模宣伝を控え、広告費を抑えたりと企業努力の賜物でもあります。

ローコスト住宅のメリットは?

ズバリ、安い価格で理想に近い家が建てられる事でしょう。

建物が安く建てられる分、好立地の土地購入へ費用が当てられるというのが、ローコスト住宅を選択する一番のメリットかと思います。

(我が家もローコスト住宅を選んだ最大の理由がコレです。)

また、ある程度、作りがパッケージ化されている事から完成までが早いです。仕様などがしっかり決まって資材も揃えば、最短3ヶ月で建つのだそうです。

我が家の建築工事スケジュールは以下で公開しています。

33坪新築戸建て工程表
注文住宅(ローコスト住宅)着工から完成までどれくらいの期間が必要か?新築スケジュールを公開!コロナの影響は?

お答えします! ずばりハウスメーカーの決定から(選定から契約までが3ヶ月)、およそ7ヶ月で家が完成しました!!着工からは ...

続きを見る

ローコスト住宅のデメリットは?

家の性能があまり高くないことでしょうか。大手ハウスメーカーが謳っているような高性能な家ではない事が多いです。

安価と引き換えにデメリットが多いローコスト住宅のデメリットは以下です。

家性能に期待できない(高設備を実装できない)
建材や住設のグレードが低い
間取りや住設選択の自由度が低い
打ち合わせの回数が少ない
IC(インテリアコーディネーター)がつかない

全体の価格を抑える為に、各所でローコスト対応がされている為、高品質、手厚いサービスはあきらめざるを得ません。耐久性に関しても然り。

「家は性能」「高い金払ってるんだから…」そう考える方には、厳しい建物かと思います。

 

また、実体験として、希望していたとあるメーカーの住設があり、もちろんオプション料金ありで設置を希望したところ、取り付け業者に取り扱いがないという事で設置できませんでした。取り扱い業者が少なく選択肢が少ないというのも、ローコスト住宅ならではかと思います。

注文住宅は何でも思い通りにできるもの!と期待していると、ガックリです。

注文住宅とはいえ、ローコスト住宅の場合は制限が多いです。

また、デザイン性もあまり期待はできません。

そのようなデザインについての注文は、ローコスト住宅においてはあまり想定されていない気がします。

内装についても、大手はICさんが戸別に担当する事が多いですが、特別に担当が付く事はなく、建具もクロスも施主の好みがそのまま採用されてしまう傾向があり、施主の知識次第では失敗しやすいかもしれません。

じっくり相談しながら、あれこれ注文をつけて理想通りにしたい場合は、やはり、一般的な注文住宅を新築するしかないかと思います。

 

施主側はもちろん、ハウスメーカー側もコスパ重視です。

「何故、安いのか?」を、購入者側もよく考え承知した上で、ローコスト住宅を選択する必要があります。

ココがポイント

ローコスト住宅は欠陥が多いとも言いますが、無理に価格を抑えたことによる弊害だと思います。もちろんハウスメーカーによるので、欠陥がつきものというわけではありませんが、トラブルが起こりやすいことを踏まえた覚悟は必要かと思います。

「坪単価」のワナ

住宅の価格は「坪単価」で比較されます。

1坪の広さは畳およそ2枚分、面積にすると1坪約3.3平米です。

坪単価=本体価格÷延床面積(坪)

ローコスト住宅の坪単価の相場は?

ローコスト注文住宅は坪単価20万円~50万円が一般的です。

大手の有名どころでいうと、レオハウス、ヤマト住建、アイダ設計、アイフルホーム、タマホーム、アエラホーム、アキュラホームなどがあります。

一般的な注文住宅の坪単価の相場は?

坪単価60~70万です。(これも厳密にいくらかという定義はありませんが。)

高断熱・高気密など、それぞれ独自技術による高性能な住宅を作る事を得意とするハウスメーカーです。

大手の有名どころでいうと、住友林業、積水ハウス、ヘーベルハウスなどCMでもおなじみの超大手ハウスメーカーです。

家の性能が売り、また住宅設備も、有名メーカーの高ランクの物が標準仕様だったりと、性能の他、高級感が感じられる住宅づくりが可能なメーカーです。

高級注文住宅の坪単価の相場は?

坪単価70~100万です。

工法や資材をスウェーデンから輸入してつくる人気のスウェーデンハウスは坪単価80~100万円と言われています。

その他、大東建設ハウジング、三井ホームなどが比較的高額です。

坪単価だけの比較は危険!

ローコスト住宅を建てたい場合、「じゃあ各社のこの坪単価を比較して安いハウスメーカー(or工務店)を選べばいいんだ!」という事になりますが、業界内には本体価格の表示ルールが存在しない為、各社の坪単価は正確性に欠ける、という事を少々念頭に入れておくべきです。

どこまでを本体価格に含めているか、実はそれはハウスメーカー(or工務店)ごとに異なるからです。

その為、坪単価だけで比較するのは少々危険、あくまで目安程度にした方がいいですね。

 

また、「35坪1600万のローコスト住宅、坪単価45万!安いね!ここにしよう!」と思って見積もりをとってみると、必ず予想より高い金額を提示されます。

そのワケは以下です。坪単価には付帯工事などの費用が含まれていない為です。

要注意なその他費用

本体価格が安いからと飛びつくのは危険です。本体価格以外にもかかる費用があります。

もちろん、土地の価格が高い(or土地が広い)ほど手付金や手数料なども多くかかるので要注意です。

付帯工事

家を建てる際に必ず発生する、水道・ガス・電気などの工事、また建物以外の工事全般を指します。

基礎補強工事、換気工事、外構工事なども含まれる事があります。

何が含まれるかは、ハウスメーカー毎に異なるので要確認です!

ココに注意

更地ではなく、古屋あり土地を買い取って解体から始める場合は、解体費用、また地盤調査費用、地盤改良費用等々も追加で発生してくるので要注意です。

オプション費用

ローコスト住宅でも、居住における最低限度の住宅設備は整っています。

でも、最低限度。全く変更なく…という場合は少ないでしょう。何かしら変更を希望する部分が出てくると思います。

いくらかオプション費用の予算は別途確保しておいた方がよいかと思います。

 

よくあるオプション

  • キッチンのカップボード追加
  • トイレに手洗い場を追加
  • ニッチの設置
  • 棚や机などの造作
  • 開口のデザイン(アーチ型など)

もっと詳しく

諸経費

火災保険料はもちろん、各種税金やローン手数料や登記費用などが発生します。何かにつけて「手数料」がとられて、これがまた馬鹿になりません!
一般的に新築戸建ての場合、物件価格の6〜9%かかると言われています。

 

本体価格に惑わされず、常に常に、総費用を出してもらい検討するべきと思います。

(※総費用も、ハウスメーカーによっては、カーテン費用や引越費用なども見積もりに含めてくるところとそうでない所があるので、全内訳は必ずチェックした方がいいです。)

総費用以外にかかる費用

また、総費用以外にも発生するであろう、細々とした費用も予め計算して予備費として現金を用意しておいた方がいいと思います。

  • 引越し費用(退去費用が発生する場合も…)
  • 照明費用(備え付け以外の部分)
  • カーテン費用(オプション費用に含まれる場合もあり)
  • エアコン本体、取り外し・取り付け費用
  • 引越し挨拶粗品代
  • 住民票等の発行手数料
  • 火災報知器設置費用
  • テレビのアンテナ設置費用
  • インターネット開設費用
  • 電話回線費用
  • 町内会費用
  • セキュリティ費用(アルソックやセコムなど)

戸建に引越すと、賃貸では考える必要さえなかったような費用が普通に乗ってきたりするので、予め算出しておいた方がいいと思います。

それぞれは大した金額でなくてもまとめると結構な出費になります。

さらに詳しく

引越しをするとNHKの集金人が高確率でやってきます。賃貸マンションorアパートでのプランと、戸建でのプランは異なる場合があるので、入居前にNHKの住所変更届けを出しておきましょう。

我が家の場合

我が家は、本体価格2100万÷33坪、なので坪単価は63万!

ですが、実は延床面積に含まれないスカイバルコニー200万のせいで価格が跳ね上がっているだけだったりするので、実際は坪単価60円未満のクラスのローコスト住宅です。(他にも耐震等級3取得の為、余計に費用がかかっています。)

本体の建築内容によって、かなり左右されるものという事がわかります。

でも、まともに住友林業など大手ハウスメーカーで建ててたら2500万じゃ済まなかったと思います。

 

尚、本体価格以外にかかった費用は370万!

詳しくは以下のページで書いています。

33坪新築_新築費用
注文住宅費用を公開!ローコスト住宅33坪は〇〇〇〇万で建てられる。

みみみ小さな会社なので、このブログ上では社名公表は控えたいと思います。 尚、ローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーと言っ ...

続きを見る

 

建築費用以外でも出費がかなりありました。

賃貸と違って、ないものは購入してつけないといけないので。テレビもネットも開通工事をしないと、入居後すぐには何も見れません。

↓入居後すぐにアンテナ工事だって業者にしてもらわないと、テレビすら映りません…


家の資金は住宅ローンで賄うといっても、手元に現金がある程度はないと、戸建を持つ事は危ないと思います。

本当、入居時は何かとお金がかかります(汗)

我が家の、入居時にかかった費用は以下の通りです。

新築時の買い物リスト公開!
新築だって家具家電が全て買えない家庭もあるんです。新築時の買い物リスト公開!

いえ、そんな事はありません! ネットで新築した家を掲載しているサイトや、家関連のブログを見ていると、綺麗なお家に綺麗な家 ...

続きを見る

ローコスト住宅メーカーの口コミ・評判

ローコスト住宅で有名な大手メーカーのご紹介です。

ヤマダレオハウス

2006年設立。12のテーマに沿った120のプランがあります。ヤマダ電機グループだからこそ可能な住設あり!

坪単価目安:40万~50万円

ヤマダレオハウス口コミ・評判

アキュラホーム

1978年創業。建てた後も末永くサポートする「永代家守り活動」あり!

坪単価目安:40万~55万円

アキュラホームの口コミ・評判

タマホーム

1998年創設。全国の46都道府県に店舗があります。初期保証の10年間を始め、30年、60年保証あり!

坪単価目安:30~45万円

タマホームの口コミ・評判

ヤマト住建

1987年創設。「長寿命」「広い」「安い」「高性能」そして「資産価値の高い」家づくりを追求!

坪単価目安:35万~60万円

ヤマト住建口コミ・評判

※我が家もチェックしていました!「屋上庭園」のプランがあるので、ローコストで屋上を付けたい方は必見!

ポラス

2001年創立。5つのブランドから選べる注文住宅。

坪単価目安:45万円~65万円

ポラス口コミ・評判

※一番モデルハウスがかっこよかったです。見た目重視、オシャレな内装が良い人は1度は見に行くべきですね。

東栄住宅

1951年創立。耐震等級3 住宅性能評価付住宅。(長期優良住宅)

坪単価目安:45万〜60万円

東栄住宅口コミ・評判

※実は、我が家が最後まで悩んだメーカー。ローコスト住宅の中では高め?別記事で書いた、私がタッチの差で逃した建売って実はココのです。最初、私が希望していたメーカーです。担当して下さった営業さんのご提案(二級建築士でもある)が素晴らしくて…夫がかなり悩んでいました。

 

本当は我が家がお世話になったメーカーも是非ご紹介したい所ですが、そのメーカーは中小企業につき、このブログの影響力がどれほどに及んでしまうのか私には想像もつかないので、今回は見送らせて頂きます(汗)

上記のような全国展開の大手ではない、首都圏を中心に展開している地元中小企業のメーカーさんです。大手はもちろん安心感ありますが、中小は中小で、プランに縛られない選択を許容してくれて、自由度がより高かったように思います。

ローコスト住宅まとめ

「1000万円の家!」など破格な値段の家の広告を目にする事がありますが、その表示金額ちょうどで買えることはほとんどないものと思います。

本体の内容、また他にかかる費用については、ハウスメーカー(or工務店)によりバラツキがあるので、比較の際にはかならず見積もりをとって比較検討する事をお勧めします。

以上、ローコスト住宅とは?についてでした♪

これから家づくりされる方へ!

ローコスト住宅の資料請求についてはこちらでご紹介しています。

我が家も利用した資料請求!


ラウンライフ_請求

全国600社以上登録中!簡単3分で依頼完了‼

  • この記事を書いた人

みみみ

首都圏在住の主婦です。 2020年春に33坪の戸建を新築しました。 家づくりの記録、そして今の生活について書いています。 アンティーク風味な内装を目指しています!

-新築関連

© 2021 33坪の新築ローコスト注文住宅〜2020年マイホーム新築体験記〜